mittan Road 

 

About mittan Road

Nobody knows what happen tomorrow, but everything is necessary for myself on my life. This is my road I have been walking to be HAPPY-aging not anti-aging. And, where there's a will, there's a way!

今までの道 これからの道 私のHAPPYエイジングロード♪

スポンサーサイト

Posted by mittanr on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Pottery in Kumamoto ~御船窯~

Posted by mittanr on   6 comments   0 trackback

今日は、熊本にある窯元、御船窯をご紹介したいと思います。
陶芸家の津金先生と父は大変親しくお付き合いさせて頂いていて、母も御船窯の陶器が大好きなので、実家に帰る度に新しい陶器が増えています。。。
今回は、初めて、登り窯にも案内して頂きました。ご自身で山を切り開き造られたという大きな窯とその内部も見せて頂き感動でした

Mifune Pottery032_mifune.jpg

033_mihune.jpg

Hello! Thank you for visiting my blog.

Today,I'd like to share a pottery with you.

The pottery's studio is in Kumamoto.
And the potter and my father are familiar.
So, I visited the pottery's studio and gallery with my parents when I
went to Kumamoto last week, and we saw the kiln this time.
It was so interesting!

Have you ever seen the kiln?
Actually I saw it for the first time.
And this kiln is made by the potter.
It’s amazing, isn’t it?
Anyway I want you to enjoy seeing these photos.


This big kiln is in hillside.The potters continue putting firewood in
the small hole of kiln for four days.
Noborigama041_mifune.jpg
登り窯を使用するのは年に3回ほどだそうですが、焚き口から4日間絶やすことなく火を入れ続けるそうです。
傾斜している窯の形状がおりなす火の当たり方や、灰が落ちて溶け、作りだされる模様や艶。。。同じものは一つとしてできない面白さがタマラナイ。

I went into the kiln!
The inside049_mifune1.jpg
登り窯上部にある小さな入口から中に入り見た内部の様子です!
写真中央の光が差し込んでいる小さな窓が焚き口になります。

His two sons are also potters.
So,there're difference type's potteries in the gallery.
Gallery051_mifune.jpg

Yakishime & Seiji
052_mifune.jpg 053_mifune.jpg
二人の息子さんも陶芸家としてご活躍中で、ギャラリーでは'焼締(やきしめ)’<写真左>と’青瓷(せいじ)’<写真右>の両方を見ることができます。
もちろんお買い上げも~。青瓷は、皇室御用達だそうですよ

056_mifune.jpg

双子の息子さん(イケメン~)と御船窯のことが紹介されたページを見つけました。以下のURLからご覧くださいね。

http://kumamoto-kougeikan.jp/kougei/cn7/cn36/pg412.html
津金日人詩・日人夢

http://www.taiken-kumamoto.jp/promoters/detail/33
御船窯 体験プログラム

先日、このブログに載せた“水前寺菜のサラダ”で使っている大皿も御船窯の陶器です。この時の水前寺菜は、実は津金先生から頂いたものでした~。
      
Thank you. See you!

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Tommy25 says... "No title"
Hello!
This is the first time for me to write to you.
Thank you very much for coming to my blog and linked to it!
私もリンクさせてもらってもいいですか?
またお邪魔しますね~~★
お互い語学学習がんばりましょ~~ ^^

2011.12.17 06:06 | URL | #- [edit]
mittan says... "Re: No title"
Hello, Tommy25-san,
Thank you so much for your comment!
リンク、もちろんOKです♪
ありがとうございます^^
語学学習は、山あり谷ありですが頑張りまっす(^^)/
2011.12.17 12:33 | URL | #- [edit]
ST Rocker says... "Like ceramics formation......"
Hello, mittan-san,

Today's article is interesting as always.
The pottery and the potter are very fine.

For me, since I am originally a chemist, ceramics was sometimes an object of my study.
The process at the pottery resembles the chemical process for the ceramics using a furnace for calcinization.
The calcinization temperature was sometimes up to 1,000 degree C, or sometimes even more.

But potting has not only chemistry but also art.
The art is so deep in mind.

Regards,
2011.12.17 20:23 | URL | #GK7sQxxU [edit]
ひのあたるさと says... "No title"
こんばんは。

熊本の窯にはいろいろな種類があるようですね。
御船窯というものがあることを 知りませんでした。
九州に窯元が多いのは
秀吉の朝鮮出兵後 だそうですね。
御船窯もそうなのでしょうか?

青瓷は 色がきれいですね。
窯人形は 素焼きでしょうか?温かみがあっていいですね。
一つ一つ丁寧に作られたものには 何か惹かれるものがありますね。

リンク、ブロともの件 ありがとうございました。
よろしく お願いします。
2011.12.17 22:17 | URL | #- [edit]
mittan says... "Re: Like ceramics formation......"
Hello, ST Rocker-san,

Thank you so much for your comment!
Ceramics is one of the new products,right?
I didn't know pottery and ceramics are similar in the process.

I think the production has something in common.
And I'm impressed with the passion.

Thank you for telling me about your information as chemist.
It's interesting.
Thanks a lot!



2011.12.18 21:20 | URL | #- [edit]
mittan says... "Re: No title"
ひのあたるさとサン、コメント有難うございます♪

確かに、九州には有名な有田焼もありますし、窯元も多く、秀吉が大陸から連れてきた人たちの中に陶磁器の技術を持った人が多くいたようですが、御船窯は、その時代からのものではないのですよ。

青磁は、陶器の中の宝石と言われているそうです。手触りや色合いも上品な感じですね。
窯人形は私も大好きです。素焼きじゃないものもあったような。。。
今度、ちゃんと先生に確認しておきますね(~_~)

興味を持っていただきとても嬉しいです。
こちらこそ、よろしくお願いします(*^_^*)
2011.12.18 21:46 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mittanr.blog86.fc2.com/tb.php/238-f6fbf2e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。